海ミハ車両区

宮原太聖(Miha)の雑記帳。おおむね週1回更新です。

ThinkPadキーボードを買いました

 買いました。

というのも、

mstdn.jp

AmazonThinkPadキーボードが半額近くになっていたので、思わずポチりました。

 

ThinkPadというのは、元々はIBMというアメリカの有名なPCメーカーが出していたPCだったのですが、2005年に売却され、以降、中国のLenovoというメーカーが出しています。

実は、ThinkPadの開発拠点はIBM時代から今に至るまでずっと日本の横浜にあり、そういう意味では、日本製のPCと言っても過言ではないかもしれません。

 

さて、そのThinkPadですが、キーボードの使い勝手に定評があります。計算され尽くしたキーボードの大きさやキーの間隔・配置はもちろんのことながら、一番の特徴は、キーボード中心にある「トラックポイント」。「ポインティング・スティック」「赤ポッチ」「TKB」などとも呼ばれますが、この赤くて丸いものをイジイジすることで、マウスカーソルを操作できます。

操作に多少のクセがあり、最初、慣れるまで習熟期間が必要ですが、一度慣れてしまうと、キーボードから手を放すことなくマウス操作ができるので、作業効率が一気に上がります。

そして、ThinkPad以外のPCを操作する際にも、ついついこの「TKB」を探して人差し指が彷徨うことに……。

 

そんなわけで、作業効率向上を目的に、ThinkPadキーボードを購入しました。有線も無線(Bluetooth)も両方安くなっていましたが、割引額が高かった無線タイプを選択。

 

mstdn.jp

まるでバルク品みたいな箱で届きました。……交換用パーツ扱い?

 

手持ちのThinkPad X260のキーボードと比較すると、こんな感じ。もう本当にそのまんま。

 

mstdn.jp

打ってる感じも、普通にThinkPadそのまんまでした。よくレビューなどで「ThinkPadキーボードを購入するか迷ってる人は、店頭でThinkPadのキーボードを打ってみるといい」って書かれていますが、本当にそれ。

 

むしろ、TKBの感度や誤動作のしにくさは、ThinkPadキーボードの方が上ですね。

手持ちのThinkPad X260は、静電気のせいなのか熱のせいなのか、時々カーソルが誤作動するのですが、ThinkPadキーボードではそれがあまり起きません。

ThinkPadキーボードでも、時々、マウスカーソルが誤動作するのですが、電源入れなおせば直ります。

 

さて、本品はBluetooth接続なので、Bluetoothが搭載されているPC・タブレットスマホや、Bluetooth親機を付けたPCなどで使えるわけですが、複数のPCでこのキーボード1台を使い回すという使い方は、全くおすすめできません。

実は、購入した時、昼間は作業用PCで使い、夜は寝モバ用に使う……なんてことを考えていたのですが、そもそもWindowsって、1コのBluetooth子機を複数の親機で使うなんてことを想定してないようで、いちいちドライバー削除&再接続という手順をこなさなくてはいけません。非常にめんどくさい。

 

バッテリーは、内蔵で交換不可です。この点も、私としてはちょっとマイナス。単三電池駆動でええやん……。

あと、バッテリー持ち時間は、相当長いようです。気が向いた時に適当に充電しておけば、まあまずバッテリー切れは無いでしょう。ただ、どの程度バッテリーを消費しているのかが全くわからないので、なんともという感じ。これも残念。……今度、試しにバッテリー切れまで使ってみてどんな挙動するか見てみようかしら。

 

充電のためにUSB A-microBケーブルが付いています。Type Cではありません。ただ、そこそこ長いうえに、結束用のマジックテープまで付いてます。このケーブルにマジックテープが付いてるという心配りはいいですね。

 

mstdn.jp

PCによっては、Fnキーが反応しないという問題があるようです。が、私の場合、FnキーとESCキーの同時押しで復帰しました。多分、初回の接続だけ、接続と同時に、なぜかFnキーが固定されちゃんだと思います。なんでだか知らないですが。困ってる人は、とりあえず、Fn+ESCをお試しあれ。

 

打ちやすさとしては、最高です。期待通り。また、寝モバ用途にも最適ですね。寝転がったまま、ニコ動見てコメント付けるとかおちゃのこさいさい。無線ですから、寝てる間にケーブルが腕とか首とかに絡まって自縛プレイ状態になる心配も無いですし。

最近は高解像度のディスプレイが増えてますから、通常のマウスだと、カーソルが画面端まで届かなかったり、カーソルの速度が速すぎて上手く操作できなかったりということが起きやすくなってます。その点このThinkPadキーボードであれば、トラックポイントへの力の入れ具合だけでどうとでもなります。

 

 

 

総じて、おすすめの逸品です。ノートPCのキーボード相当の大きさでこの打ちやすさは、正しく神。

これ以上となると、もうフルキーボードしかおすすめできませんし、カーソル操作もコミで考えると、フルキーボードよりむしろこのキーボードの方がいいぐらいです。

皆さんも、安くなったタイミングを見るなどして、買い求めてみては。余程、FnキーとCtrlキーの配置に納得がいかないとか、7段こそ至高とか、アプリケーションキーが無いと困るとか、そういうことでもなければ、きっとこの最高のタイピング体験が手に入るはずです。

ただし、1台買って複数のPCで兼用したいのであれば、有線版の方がおすすめです。無線版より安いし、そもそも有線版じゃないと兼用って難しいと思います。